KTM 1290 SUPER DUKE R – Adventureと名付けました

KTM 1290 SUPER DUKE R - Adventure

2014年待望のKTMネイキッドスーパースポーツとしてデビューした、KTM1290SUPER DUKE Rはその独創的なフォルムと、圧倒的なエンジンパフォーマンス、そして意外な程にコンフォートな足回りと色々なターゲット層を意識したとても親しみやすいモデルとして登場!

今回ご紹介する車両はそのKTM1290SUPER DUKE Rをベースに長距離ランナーとしてカスタム致しました。

カスタムと言っても純正のパワーパーツを中心に、オーナーとの意見を参考にBMWR1200GS Adventureからのお乗換えと言う事での快適性を重視したKTM1290SUPER DUKE Rとしています。

オーナー様からの要望は1日に800キロを走破しても、期待を裏切らない走行性能と快適性。BMWからのお乗換えとあって、ツーリングで目的地に安全に速く快適にがコンセプト。

今回のカスタムは、

  1. ウィンドスクリーン
  2. サドルバック
  3. ハンドル廻り
  4. フォグランプ等の装着

が大きなテーマでした。

完成品は画像を見て頂ければ、快適性が主だった外観に気付いて頂けたと思います。リアーサスペンションもスプリングプリロードを日本人体型でのリセッティングを致しました。

オーナー様曰く、とにかく軽いと言う事がいちばんの武器、利点ですと、大変喜んで頂きました。そしてトルクの厚さが疲れを感じさせない走行フィールで二重丸との高評価です。

ベテランライダーをも唸らせるKTM1290SUPER DUKE Rに注目です。

【T氏 Owners レポート】

ツーリングのインプレッションですが、まだ体になじんでいない状況ですので的外れなこともあろうかと存じます。身体になじんだBMWのツインやドカ、ボンネビルとの比較になってしまうので、そのあたりはご容赦ください。

➀Lツインの鼓動感は、私のドカティポールスマートよりさらに強く、底の方から響いてくる独特の音、振動、フィーリングはドカのLツインと似通っているところがあります。これは好印象ですが、低回転からアクセルを開けていく時は、少々ドコドコ感がありすぎですね。これはビッグツインという性格上、当然のことと受け止めています。

②振動は、かなり感じました。特に、グリップから非常に細かいバイブレーションが伝わってきて、ひどいものではないのですが、手指にしびれのようなものを感じることとなりました。過去に所有したバイクの中で特別なバイブレーションです。ここについては、なにか対策があるとありがたい点です。

③車体のフィーリングが硬い感じがあります。体への響き方が少し硬くてハードです。GSAの重要感あふれるサスの動きとは基本的に違いがあるようです。これは、悪いわけではなく、カチッとした車体剛性を感じたということだと理解しています。

④足つきは問題ありませんでした。835㎜と少しシートが高いのですが、操作は問題なくできます。またがる際に少し足を高く上げる意識を持つことが必要です。

⑤軽さが際立っています。押し引きが楽で、低速走行時、加速時の車体の軽さが感覚的に分かります。パワーで吹っ飛んでいく感覚があります。これは楽しい感覚です。

⑥エンジンは、ストリートモードでしか乗っていませんが、4千以上回したあたりからのパワー感がかなり強くあります。2~3千回転ではトルク感が弱くなってハイギアでゆったり低速走行というのはできません。また、3速と4速の守備範囲が異様に広く、100㎞以上までこれでカバーされてしまい、5速以上の出番がなかなかありません。かなりのハイスピードで走っていても、3速だったり4速だったりということで少々驚きました。高速でやっと6速を使うことができた、という感じです。

⑦エンジンブレーキは、スリッパークラッチが入っているためか、予想したよりマイルドです。逆にカーブ進入の時などはもう少し効いてくれた方がよいような印象です。

⑧シートは、少し前下がりなので、腰が前方へずれてきて、しばしば位置修正をしないといけないのが少々面倒です。500㎞乗るとお尻は痛くなりましたが、意外なほどやさしい印象です。

⑨タイヤのグリップ感はかなりあると感じました。サイド部分の皮むきをしないままいろは坂へ入ってしまい、後ろからスピードトリプルはじめクルクル回る連中にツンツンされました。新品タイヤなので怖くて倒せない状況でした。その後の奥日光、片品、奥利根ではグリップ感はかなり感じました。

⑩シールドは、効果あり。両肩には風圧を感じます。

⑪サイドバッグは小さいのでワンディツーリング用ですね。カッパを入れると片方のほとんどが埋まってしまい、パンク修理道具と救急セットで片側はいっぱいです。

⑫フォグランプは、非常によく取り付けられているようで、頼もしい味方です。

⑬燃料消費は、17.3㎞/L程度でした。

⑭疲労感は、慣れていないのでGSAより強かったと実感しました。しかし、いきなり500㎞超の走りをして問題なかったわけで、シートの前下がりは気になるものの、もう少し慣れればかなりのロングライドが可能になりそうです。バイブレーション対策は多少講じた方がよいようですが。

⑮スタイリングは抜群で注目を浴びました。

以上、総括すると、楊さまのお店から買ってよかったと思っています。BMWとは全くテイストの異なる世界、特に重量の差異はパワー感、乗り心地、など全てのフィーリングに関係してきて、『別の世界』に入ったと思っています。我が家のポールスマートと乗り比べてLツインの違いを感じてみたいとも思っています。

以上、拙い初ツーリングの体感レポートでした。


ありがとうございます!お客様の笑顔が私達にとって最高のご褒美です。 T様これからも宜しくお願い致します。

お問い合わせ

ライダースランドYOYOへのお問い合わせは、お電話かメールにて。

TEL : 03-5392-3411
email : メールフォーム または inforlyoyo.co.jp まで

2019年1月30日KTM